スキンケア大辞典【看護師サポートナビ】

ドライスキンケアのコツとポイント

ドライスキンケアのコツ

ドライスキンの状態にある皮膚は、
外からの刺激を受けやすい状態にあります。

 

少し擦ってしまっただけでも傷になってしまったり、
長時間圧がかかることによって褥瘡になってしまったりします。

 

ですから、寝衣の縫い目などにも注意が必要です。

 

ドライスキンの患者さんに対しては、
皮膚が傷つかないように縫い目を外側にしたり、
シームレスのものにしてもらうように工夫します。

 

重症の患者さんには、病衣は、ガーゼ素材のものにするなどの配慮をします。

ドライスキンのケアのポイント

ドライスキンのケアは、「保温と保湿」、「温度と湿度の管理」、
「入浴や清拭の際の温度の調整」、「外的刺激の軽減」などが
とても重要で、特に保湿と保護は重要です。

 

また、ドライスキンは、発汗や排泄物などによっても悪化するので、
そういったリスクになり得る要因についても評価し、
早期に対応していくことが必要です。

 

保湿

 

肌の保湿は、水分が減少している角質細胞に対し、
保湿剤で水分を補うことが基本です。

 

保湿剤には、角質細胞間脂質を補充し、
細胞間の隙間を埋める作用があるものを用います。

 

症状や患者さんの好みやライフスタイルに応じて、
ローション、乳液、クリームなど、
さまざまな保湿剤の剤形から選択していきます。

 

保護

 

ドライスキンの状態になっていると、
皮膚はとても脆弱になっています。

 

ですから、ちょっとした刺激に対しても過敏に反応し、
大きなスキントラブルへと発展することもあるため、
「保護する」ということは、とても重要なケアになってきます。

 

皮膚の保護とは、補充した水分が
皮膚の表面から蒸発しないようにすることです。

 

保護することで、皮膚の水分が維持され、
ドライスキンが改善されていきます。

 

また、肌に刺激を与えないようにすることも必要です。

 

・薬剤の使い方

 

たとえば、ワセリンなどを塗るのみというケアもあります。

 

しかし、角質層の水分が不足したまま、
表面にフタをするだけでも乾燥した状態は改善できません。

 

湿疹化するなど、ドライスキンが悪化している場合は、
ステロイド剤が必要になることもあります。
医師により、ステロイド剤が必要であると判断された場合は、
しっかり使って行く事が必要です。

 

また、患者さんそれぞれ肌の状態や疾患などにより、
保湿剤や保護剤を使う量や回数に差があります。

 

医師の指示が出ている場合はそのとおりに、
そうでなければ、患者さんの肌の状態をみながら、
気づいたときに塗るようにし、
少なくとも一日一回は塗るようにします。

 

また、薬剤を使うときに、肌状態について
しっかりアセスメントすることも重要です。

 

環境の管理

 

ドライスキンのケアでは、温度や湿度など、環境の管理もとても大切です。

 

温度が高いと掻痒感が高くなり、疼痛を感じる事がありますし、
湿度が低ければ、肌の乾燥傾向が高くなり、
ドライスキンの症状が進んでしまうことがあります。

 

室温は高くなり過ぎないようにし、
できれば加湿器を使用し、
適度な温度を保つようにすることが大切です。

 

特に冬場はドライスキンが悪化しやすい環境になるので
注意が必要です。

 

また、お湯についても注意が必要です。

 

入浴や足浴、清拭の際、温度が熱いほど刺激が強くなります。

 

入浴や足浴、清拭のときの湯温はぬるめにします。

 

しかし寒い季節は、室温を暖かくするようにしましょう。

 

お水やお湯に長時間身体をつけておくと、
ドライスキンを悪化させてしまいます。

 

入浴後や清拭の後は、保湿クリームや保護剤を使い、
肌の保湿を高めるようにします。


ホーム RSS購読 サイトマップ