スキンケア大辞典【看護師サポートナビ】

オムツと尿取りパット

尿取りパットと便用のパット

尿取りパットの中には、
排尿口部周囲で吸収させるものもありますし、
尿の拡散範囲が小さくなって
尿との接触面が減少できるものもあります。

 

下痢による水様便に対して
尿取りパットを使用することがありますが、
水様便に対して尿取りパットを使用するというのは、
吸水性や吸収量で無理があります。

 

下痢による水様便に対応したパットが市販されていますから、
下痢の場合はそちらを選ぶことが必要です。

 

下痢便に対応したパットは、
一枚あたりの単価は高いですが、
こちらのほうが吸収性が良く、吸収量も多いので。
交換回数が減り、スキントラブルのリスクも少なくなるでしょう。

 

下痢便の際は、下痢便に対応したパットを使うことによって
オムツ装着時の不快感が減少され、
夜間の睡眠が妨げられずに済みますから、
患者さんのQOLの向上にもつながります。

 

また、交換回数が減り、スキントラブルのリスクが減少されれば、
介護する側の負担も軽減されるので、
トータル的に考えると決してコストは高いものではないといえます。

 

また、患者さんは、病院内で販売されているケア用品を購入し、
自宅に戻ってからも同じ商品を使用し続けることが多いです。

 

新たなケア用品に対しては、情報を得ないままであることが多いため、
患者さんの状況が変わっても、
ずっと同じものを使用していることが多いのです。

 

最近は、高齢者用のオムツ市場も急速に発展していますし、
色々な機能や特性を持つオムツ用品が開発されています。

 

ですから、退院時に看護師が最新のケア用品の知識や情報を提供し、
患者さんが状態や事情に応じて用品を選択することができるように
サポートしていくことが大切です。

 

また、訪問介護や、外来受診時に、
新しい情報についても提供していくようにすると良いでしょう。

オムツの種類

オムツには、「排泄アウター」と「排泄インター」があります。

 

排泄アウターは、身体の外側に付け、
それだけで固定できるものをいいます。

 

排泄インナーは、アウターの内側で尿を吸収する
尿取りパットを指します。

 

排泄アウターと排泄インナーは、
同じメーカーのものを使用したほうがフィッティングが良くなるので、
同じメーカーのものを使用すると良いでしょう。

 

 

・テープタイプのオムツの特徴

 

吸収体の範囲が広い(吸収量が多い)。

 

テープの止め方によって、多様な身体状況に合わせることができる。

 

自分でテープを止めにくい(トイレ排泄時の着脱が不便)。

 

・パンツタイプのオムツの特徴

 

吸収体範囲が狭い(大き目の尿取りパットは使いにくい)。

 

臥位では尿が漏れやすい。

 

座位では横漏れする可能性がある。

 

下着のように自分で着脱ができる。

 

股ぐりの調節ができない。

 

フィットしないことがある。

 

・2WAYタイプのオムツの特徴

 

パンツタイプよりも吸収体が広く、大きめの尿取りパットにも適応する。

 

下着のように自分で着脱ができる。

 

股ぐりの調節ができるがフィットしないことがある。


ホーム RSS購読 サイトマップ