スキンケア大辞典【看護師サポートナビ】

尋常性乾癬の最新治療法

尋常性乾癬

乾癬は、皮膚が赤く盛り上がって紅斑となり、
その上に乾燥した角質が厚く付着して鱗屑となり、
さらにそれがフケのように
ボロボロと剥がれ落ちる落屑という症状が現れる
慢性的な皮膚の病気です。

 

乾癬は、皮疹だけでなく、
かゆみや爪の変形、関節炎などの症状を伴うこともあります。

 

乾癬の種類

 

乾癬の種類は、尋常性乾癬、関節症性乾癬、
膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症がありますが、
尋常性乾癬が進行して起きたり、
慢性化して尋常性乾癬に移行することがほとんどで、
国内の患者さん10〜20万人のうちの9割が尋常性乾癬です。

 

尋常性とは「ありふれた」という意味のため、
普通の「乾癬」という意味で「尋常性乾癬」と呼んでいます。

 

乾癬の特徴

 

乾癬になる患者さんは、女性よりも男性のほうが多く、
男性では30〜40代に発病する人が多く、
女性では10代と、50代に発病する人が多いといわれています。

 

人に移ることはありませんが、
症状が良くなったり悪くなったりを長く繰り返す
経過が長い、生涯にわたって続く皮膚疾患です。

 

皮膚の表皮は、バリア機能によって身体を防御しています。

 

そして、新しい細胞を作って、古い細胞をはがれ落とすという
ターンオーバーを繰り返し、その機能を維持しています。

 

ですが、乾癬になると、免疫機能の異常が起こり、
表皮細胞が増殖してしまい、ターンオーバーの周期が短くなります。

 

そのため、古い角質が積み重なってしまうようになり、
ふけのように剥がれ落ちるという症状が出現します。

 

乾癬は、ひじ、ひざ、腰、下腿、頭部(頭皮、髪の毛の生え際)など、
比較的刺激が多い部分に出現することが多いです。

 

乾癬の原因

 

乾癬になる原因は、血縁の家族に乾癬がみられるということもあり、
体質が関係しているとも考えられていますが、
国内の調査では、家族内に乾癬の人がいるという例はわずかです。

 

もともとは欧米人に多い皮膚疾患でもあることから、
食生活に関係しているとも考えられています。

 

近年になって、自己免疫反応が起こりやすい体質を持つ人に、
一定の刺激が加わることにより、皮膚の免疫機能に異常が起こることで
発症するのではないかという考え方も登場しています。

 

刺激となり得る因子には、気候などの環境、
ケガや感染症、薬剤やストレス、不規則な生活、
糖尿病や高脂血症、肥満などがあります。

TNF-α阻害薬による乾癬治療

尋常性乾癬の治療法としては、
塗り薬による外用療法、PUVAやナローバンドUVBなどの光線療法、
飲み薬による内服療法の3つがあり、
これらの治療を組み合わせて行われます。

 

また、近年では、過剰に存在するTNF-αをブロックする
生物学的製剤を注射して
乾癬の治療を行うという治療法も開発されています。

 

尋常性乾癬は、慢性的な病気でもあることから、
治療によるストレスがたまりがちで、
そのストレスによってさらに症状が悪化してしまう患者さんも
少なくありません。

 

信頼できる医師のもとで、適切な治療を続けていくことが重要です。

 

(1) 外用療法

 

外用療法は、乾癬治療の根幹となっているものです。

 

ビタミンD3外用薬、ステロイド外用薬を用います。

 

(2) 光線療法

 

光線療法は、医療用の紫外線を使った治療です。

 

(3) 内服療法

 

外用薬では症状が抑えきれないときに、
皮膚の早すぎるターンオーバーを抑えるビタミンA誘導体や、
高まった免疫反応を抑える免疫抑制剤を用います。

 

ただし、薬による副作用が心配なので、
定期的な検査を行いながら、医師が判断して処方していきます。

 

また、かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン作用のある
抗アレルギー剤が処方されます。

 

(4) TNF-α阻害薬による治療

 

重症度の高い乾癬の患者さんでは、
外用薬や光線療法、内服療法では、
満足できる治療効果がえら選らないことも少なくありません。

 

そこで登場したのが、TNF-α阻害薬です。

 

TNF-α阻害薬による乾癬治療では、
難治化した重症度の高い症状を改善し、
患者さんのQOLを向上させることができると期待されています。

 

TNF-α阻害薬は、当初は関節リウマチの治療薬として発売されたものですが、
臨床検査で優れた改善効果を発揮したことから、
尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症に対しても
保険が適用されるようになっています。

 

生物学的製剤の一種であるTNF-α阻害薬は、
身体の免疫機構に関わるサイトカインに作用する薬剤です。

 

 

サイトカインとは

 

サイトカインとは、細胞から放出され細胞間の相互作用を媒介する
タンパク質の総称のことです。

 

これらは、それぞれに、免疫の増強や抑制、
抗腫瘍作用、抗ウイルス作用、細胞増殖や分化の調整作用などの
働きを持っていて、免疫、炎症、生態防御における
重要な役割を果たしています。

 

 

TNF-α阻害薬による乾癬治療の効果

 

TNF-αとは、腫瘍壊死因子のことで、
乾癬の患者さんの病変部で大量に産出され、
炎症を起こし、皮膚や関節に症状をもたらすものです。

 

TNF-α阻害薬を用いることによって、
TNF-α(腫瘍壊死因子α)の働きを抑制することができ、
その効果は高いので、治療後しばらく皮膚の状態を
よい状態に保つことができます。

 

その間は外用薬を塗ることもしなくて良くなり、
患者さんのQOLにつながります。

 

今のところ、副作用については大きな懸念はないといわれていますが、
感染症を引き起こす可能性があるという点は注意しなければなりません。

 

特に日本では、欧米に比べ、結核が多いので注意が必要です。

乾癬治療薬として認められている生物学的製剤

乾癬治療薬として、現在認められている生物学的製剤は3種類あります。

 

その3種類とは、「インフリキシマブ」、「アダリムマブ」、
「ウステキヌマブ」です。

 

ウステキヌマブは、IL-12(インターロイキン12)と
IL-23(インターロイキン23)を標的としたもので、
免疫機能の異常をもたらすヘルパーT細胞を
活性化させる働きを持つサイトカインです。

 

インフリキシマブ

 

商品名: レミケート

 

会社名: 田辺三菱

 

構造: キメラ型モノクロナール抗体

 

標的: TNF-α

 

注射の形態: 静脈注射

 

投与方法: 初回、2週間後、6週間後に投与し、以降は8週間隔

 

アダリムマブ

 

商品名: ヒュミラ

 

会社名: アポット/エーザイ

 

構造: ヒト型モノクロナール抗体

 

標的: TNF-α

 

注射の形態: 皮下注射

 

投与方法: 初回後2週間隔

 

ウステキヌマブ

 

商品名: ステラーラ

 

会社名: ヤンセンファーマ

 

構造: ヒト型モノクロナール抗体

 

標的: IL-12/IL-23p40

 

注射の形態: 皮下注射

 

投与方法: 初回、4週間後に投与し、以降は12週間隔

 

 

このような生物学的製剤は、「乾癬における生物学的製剤の使用指針
及び安全対策マニュアル」という日本皮膚科学会の指針で、
使用法や禁忌などが詳細に決められています。

 

さらに、日本国内では、現在も乾癬に対する新たな治療薬が開発されています。

 

以下に6種類を挙げましたが、このうち、
4種類が注射薬、2種類が内服薬です。

 

これらの薬剤は、今後の成り行きが注目されています。

 

そして、10万人以上もいる乾癬に悩む患者さんの
治療の選択肢がひろがることに期待が寄せられています。

日本で開発中の乾癬治療薬

secukinumab

 

コード名: AIN457

 

会社名: ノバルティス

 

タイプ: ヒト型抗IL17A抗体

 

tildrakizumab

 

コード名: SCH900222/MK-3222

 

会社名: MSD

 

タイプ: ヒト型抗IL-23p19抗体

 

tofacitinib

 

コード名: CP-690.550

 

会社名: ファイザー

 

タイプ: JAK3kinase阻害薬

 

apremilast

 

コード名: CC-10004

 

会社名: セルジーン

 

タイプ: PDE阻害薬

 

ixekizumab

 

コード名: LY2439821

 

会社名: 日本イーラーリリー

 

タイプ: ヒト型IL174抗体

 

brodalumab

 

コード名: AMG827

 

会社名: 協和発酵キリン

 

タイプ: 抗体IL-17受容体完全ヒト型抗体

 

 

このような生理学的製剤を使うことによって、
飲み薬や光線による治療を行っても症状が改善されない患者さんに
良い効果が期待できることがあります。

 

また、ある程度症状が良くなっていても、
再発を繰り返す患者さんなどには、
生理学的製剤を用いることによって、
皮膚の状態が良い期間をより長くすることができます。

 

生理学的製剤の効果により、塗り薬の量を減らすことができるなど、
QOLも大きく変化します。

 

ただし、生物学的製剤が、
全ての患者さんに必ずしも効果があるとは限りませんし、
副作用が現れることもあるなどの心配もあります。

 

皮膚科の専門医による適切な治療を受け、
最も適切な治療を受けることが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ